福岡県|福岡市・筑紫野市・二日市・久留米・太宰府・春日原・大野城で民事信託・成年後見対策・
生前贈与の相談なら行政書士みずた事務所へ。任意後見・遺産分割の専門行政書士事務所。

遺産分割協議書などすべての相続手続をメンバー士業で完成させます!


行政書士 福岡・遺産分割協議書センター

相続手続き・遺産分割協議書の調整・ 遺言書作成・公正証書遺言作成・任意後見契約書作成

お電話
受付時間
平日 9:00〜17:00
土日祭日 9:00〜12:00

相続はチームで早期解決

092-921-9480

自筆証書遺言が出てきた時

もしも、自筆遺言が出てきた時すぐに遺言書を開けてははいけません。

遺言に封がされている場合に、いくら相続人でも勝手に開ける事は法律で禁止されています。これは、遺言に書いてあることが、勝手に”改ざん” されてしまうことを防ぐためです。勝手に開けてしまうと、法律では5万円以下の過料が課されることになっております。
開封してしまっても、遺言は無効になるわけではありません。開封してしまった時でも、検認の手続きが必要となります。

開封してしまうと、他の相続人から遺言の内容を改ざん、捏造されたのでは?と疑いを掛けられてしまったり、相続人同士でもめたり、場合によっては裁判になったりするケースもありますので、きちんと家庭裁判所で検認の手続きを踏むようにしましょう。開封されていない場合は、そのまま家庭裁判所に提出します。

家庭裁判所に提出すると、家庭裁判所から検認の日時の連絡がありますので、指定された日に家庭裁判所に行き、裁判官が遺言書の検認する場面に立ち会う流れとなります。
その後は、遺言書にもとづいて相続手続きを進めていく流れになります。
この時、遺言書に遺言執行者が記されている場合、遺言執行者が相続人を代表する地位を得ることになります。その後は遺言執行者が遺言の内容にそって手続きを進めていくことになります。
※秘密証書遺言の場合も、検認が必要で上記と同じです。

 

 令和3年最初の
 相続セミナー

092-921-9480

 安心のご相談

めて相続
円満遺産分割相談!!

挨拶2.jpg

福岡/久留米/筑紫野/太宰府
西鉄・高宮 アミカス研修室
  3月28日(日)13:00
開催
 

サイドメニュー

挨拶2.jpg

相談方向性
決まった
という声多数!

電話受付時間:
平日       9:00〜17:00
土日祭日 9:00〜12:00

自筆証書遺言の作り方
財産目録が必要です!
3時間で学ぶ
 自筆の遺言作成セミナ

事務所概要

挨拶2-1.jpg

久留米・福岡・筑紫野
みずた行政書士事務所
久留米市小森の5‐18‐25
 
水田 耕二

遺産分割協議書センター
:092-921-9480

初めてお目に掛かります。FP・行政書士の水田です。
どうぞよろしく、ご相談は私が責任をもって担当させて頂きます。
「みなさまの人に心がとどく遺言書をご提案いたします」

ご連絡先はこちら

〒818-0056
久留米市小森野5-18-25

092-921-9480
092-921-9480
対応エリア

福岡県福岡市(南区、中央区、博多区、東区、早良区、城南区、西区)、筑紫野市、太宰府市、春日市、大野城市、糸島市、粕屋町、新宮町、古賀市、宗像市、久留米市、筑後市、大川市、八市女、小郡市など福岡市近郊を中心に、福岡県全域
佐賀県鳥栖市、佐賀市、多久市、小城市、神埼市、武雄市、鹿島市、唐津市、玄海町、上峰町、基山町、吉野ヶ里町、みやき町、長崎県佐世保市熊本県熊本市そのほか、九州、東京都、大阪市、など全国対応。
遺言・相続・成年後見制度の
セミナーは全国対応です。